永久脱毛は痛くない?

医師の指導のもとに進められる

永久脱毛は、レーザーの光を肌に照射する医療レーザー脱毛で処理することができます。レーザーの取り扱いは医療機関のみというのが日本では法律で決められているので、脱毛サロンでは受けることができません。必ず医師がいる場所で行われていることになるので、肌トラブルに関しても万全の体制で安心して施術を受けることができます。
施術前には、医師によって肌の状態や毛の質などの診察が行われます。美容クリニックでは複数のマシンを所有していることもあり、それは肌の色や質、毛の太さや深さによってもベストとなるものが違ってきます。その人に合ったマシンを選択して出力の調整が行われるので、自分に合った脱毛を受けることができます。つまり、痛みという辛い思いをしないような方法が工夫されているのです。

麻酔クリームで対応してもらえる

永久脱毛で使用されているレーザーの光は、肌に照射した時に痛みが発することもあります。それは、皮膚が薄い部分や骨に近い部分、皮膚がデリケートな部分に多く発生しがちなのですが、病院で行われている施術であることから麻酔の処置をしてもらうことができます。
注射での麻酔となれば、注射針を刺すという新たな痛みが発することになります。しかし、永久脱毛で利用される麻酔はクリーム状になったものです。塗るだけで徐々に効果を発揮するものであり、塗る痛みはもちろんありません。痛くなったら処置してもらうこともできますが、痛みが想定される部位や前回の施術で痛かったという部位があれば、施術前にあらかじめ塗ってもらえれば全く痛みを感じることはありません。